啓和会の沿革

年  月 沿    革
昭和58年 4月 現理事長、新實啓悦が吾子のために施設設置を発起、志を同じくする親に呼びかけて話し合いがはじまる
昭和62年 9月 社会福祉法人設立認可
昭和63年 1月 建設工事着工
昭和63年 5月 竣工
昭和63年 7月 知的障害者更生施設「久喜啓和寮」開設
(入所定員50名)
平成元年12月 知的障害者短期入所事業開始
利用者4名、久喜工業団地、株式会社なとりの協力で就労実習はじまる
平成 6年 1月 地場製品としてみそ製造はじめる
地元住民、山永味噌(株)の協力を得る
平成 6年10月 地区内に一戸建て民家を借りて自活訓練をはじめる
平成 6年12月 マラソンサークル6名と現理事長がホノルルマラソンに参加、完走する
平成 7年 1月 地元協力者の支援でマラソンクラブ立ち上げ
平成 8年 6月 職住分離の一環として鷲宮町に作業所借用。一部利用者の通所をはじめる
平成 9年 4月 地区内に一戸建て民家を借用。生活ホーム清久(定員4名)開設
平成 9年10月 国の知的障害者ケアガイドライン試行事業を受託(平成15年3月31日事業終了)
平成10年 4月 知的障害者更生施設「久喜啓和寮」増築、入所10名増、地域交流スペース併設
(自立生活支援棟と名づける)
平成10年10月 知的障害者更生施設「久喜啓和寮」通所部(定員7名)開設
平成11年10月 障害児(者)地域療育等支援事業を受託
ふれあいセンター久喜内に埼葛北障害者生活支援センター「きらら」を設置開業
平成13年 4月 生活ホームハイツ清久(定員4名)開設
平成13年 5月 苦情解決委員会の設置
平成13年10月 グループホーム仁丁町(定員4名)開設
平成14年10月 生活ホームハイツ清久をグループホームハイツ清久に変更
平成15年 3月 支援費制度施行に伴う指定事業者認可
平成16年 4月 生活ホームこがらい(定員4名)開設
平成16年 6月 久喜市が障害者就労支援センター(三障害)を受託
平成16年 9月 家族会等の協力によりメモリアル「けいわ」を整備
平成18年 4月 久喜市よりけやきの木共同作業所の指定管理業務開始
平成18年 9月 通所授産施設「ワークセンターけいわ」開設
(定員35名)
平成18年10月 グループホーム4ヶ所をケアホームに変更、共同生活支援事業開始
新体系の短期入所、相談支援、障害児等療育支援、日中一時支援事業開始
平成19年 3月 障害者就業・生活支援センターの指定を受ける
久喜市けやきの木共同作業所の指定管理業務を年度末で解除
平成19年 4月 久喜市知的障害者更正施設久喜市いちょうの木の指定管理業務開始
平成20年 7月 ケアホーム共同生活住居(賃貸)清久7名定員で開業、ケアホーム4ヵ所の拠点てして夜勤者を配置
平成21年 3月 障害者自立支援基盤整備費補助金で久喜啓和寮男女浴室棟を整備
平成21年 4月 ケアホーム共同生活住居のざわら(定員3名)開設
平成21年 6月 久喜啓和寮、新事業体系に移行
平成22年 3月 久喜啓和寮とワークセンターけいわを一体化し、
多機能型施設として事業を開始
名称を障害者支援施設「久喜けいわ」に変更
平成22年 4月 久喜市より児童デイサービス事業所久喜市立のぞみ園の指定管理業務開始
ケアホーム共同生活住居こすもす(定員4名)を他法人より移管
(ケアホーム総定員26名)
平成22年 5月 ふれあいセンター久喜内に埼玉県地域生活定着支援センターけいわを開設
平成24年 4月 久喜市から指定管理を受けて「久喜市趣味の家」「久喜市立ゆう・ あい」の運営を開始。
平成24年 8月 「久喜市あゆみの郷」(旧:久喜市趣味の家)の運営を開始
平成26年 4月 障害者生活支援センターきよく(特定相談事業所)を開設
平成26年 7月 グループホームおぎそね(定員7名)を開設
(グループホーム総定員33名)
平成27年 1月 久喜けいわの施設入所支援定員を54名に変更(6名減)
グループホームこがらい(定員7名)を開設
(建替、グループホーム総定員40名)
平成27年 3月 機能訓練棟(避難スペース)完成
平成28年 4月 グループホームうちや(定員4名、短期入居1名)を開設
(グループホーム総定員44名、短期入居1名)